中学生レベルの英語で時給5000円!?

中学生レベルの英語で時給5000円!?

義務教育で習う英語程度で時給5000円になるとしたらそれはやるしかないですよね。どうしてそんなことが出来るのか。それは特許翻訳という一点に絞っているからです。名前を見る限り難しそうと感じるかもしれませんが、実はこれは非常に簡単。中学生程度の英語の語学力で悠々自適に生活をしてみましょう。

GTA公式サイトへ

特許翻訳が中学生レベルの英語でも出来てしまう理由

翻訳の業務なんて英語のプロフェッショナルではないと出来ないと思っている方も多いでしょう。例えば、翻訳の仕事では同時通訳というよく外国人が来日してその場で日本語に変換する通訳の仕事がこれはかなり難易度が高いです。個人の訛りや癖もありますし、それを瞬時にやるのは相当な英語力が必要です。それに比べて特許翻訳は楽です。その理由を説明します。

パターン化されやすい

特許文法的な問題でパターン化されていることが多いです。そうするとイレギュラーなことがあまり起こらず、どの翻訳業務をしても平均的な効果を出すことが出来ると言うわけです。

単語を調べても問題なし

特許に出てくる用語は専門的な単語なのでわからなくて当然です。なので調べてパターンの中に単語を当てはめていけばいいだけということになります。感覚的で言うとパズルに近いですね。

意訳の必要性がない

映画とか文学とかは露骨に出てくるのですが翻訳するときにその国の歴史や背景をしないととんでもない翻訳になることは確実です。よく某有名翻訳家の翻訳がおかしすぎると話題になっていることがありますよね(笑)

特許翻訳にはそういうのが全くなくむしろ原文のまま訳すことが必要とされています。センスや背景と言ってところもないので訳す方としては効率がいいです。

英語力も次第にアップ

中学生レベルの英語力しかないと言っても翻訳の作業を続けていけば上手になるのは当たり前です。変な言い方ですがどんどん上昇していき、高校生レベル、大学生レベル、ビジネスレベルとどんどん上がっていきます。実践で使っていると上手くなるのは当たり前のことですからね。

穴場の箇所だからこそ出来る翻訳術

これがもっと難しい正解でしたらおそらく中学生レベルでは歯が立たないでしょう。ただ分野を変えればその程度でも出来るというわけです。

それにパズルのように出来るとなるゲーム感覚で勉強の効率も上がっていくに決まっています。そうしていくと次第に英語力自体が上昇していきますからね。稼げて英語力も上達するなんてありえませんが、この現場ならあります。

GTA公式サイトへ TOPページを見る