老後の不安を解消する?英語で副業を始めてみよう

老後の不安を解消する?英語で副業を始めてみよう

老後の資金、つまりは自分が会社を辞めていくら必要かと聞いたことはありますか?一説には1億円必要と言われています。老人になってリタイアしてから働くとか嫌ですよね?しかも若い人たちに混じって働くなんて肉体的にも精神的にもしんどいと思います。そんなことにならない手段があるとしたらやってみたくないですか?

老後になっても仕事に困らないでしかも収入もそこそこいい、そんな現実が待っています。

GTA公式サイトへ

手に職があるという意味は?

医者とか弁護士が言われる仕事ですよね。特に年齢の制限もないですしサラリーマンのように定年退職もないです。なので年齢を気にしないでいつまでも収入源があるってことになります。

人間なにがあるかわからないのでこういう稼げる手段を持っているというのは大事なことではないですか?

コスパは抜群!

はっきり申し上げて医者や弁護士は稼げます。ただそれになるためのコスパは絶妙としかいいようがありません。時間もかかりますし、お金もうん百万円とかかります。それでなれるかなれないかというレベルなのでコスパは微妙です。

それに比べて特許翻訳はどうでしょうか?必要な英語を覚えるだけなので時間はそんなにかかりませんし、お金もそこまでかかりません。それで収入は月に100万くらいとかなりコスパがいいですね。

実際のコスパはどうか?

料金に関しては6ヶ月の講座なのでもしかしたら高いと感じる方もいるかも知れません。

2つのパターンしか存在しないので料金システムとしては明白です

・オンライン学習コース

⇒通常価格 498,000(税別)

・実力養成ゼミコース

⇒通常価格 798,000(税別)

となっています。

仮に月収が100万円、その半分の50万でもすぐに元が取れてしまいますよね?勉強で元が取れるとか表現すると少し下品なような気がしますが、やはりそういう計算は大事なのでしっかりとしておきましょう。やはりコスパはいいですね。2ヶ月で回収出来ます。

これが医師の場合だと数年かかりますからね。

手に職があるという安心感へ

副業だとしても本業だとしても言えることですが、いつでも働くことが出来るというのは強みです。会社員なら仕事を解雇されてしまったら終わりですし、主婦でも離婚などが原因で一気に経済的不況になります。

でも手に職があるのなら、セーフティーネットがあるのでお金に困らない、いつでも経済的な自立が出来るわけというわけです。

GTA公式サイトへ TOPページを見る