権利収入と不労所得

権利収入と不労所得

本文においては「権利収入」「不労所得」を全くの同義として扱わせていただきました。

しかし、これは厳密にはその意味に差があります。

深く考える必要のないことかもしれませんが、あなたが他人にフランチャイジーを勧めることがあった場合に、こういったことも理解しておくと良いかもしれません。

不労所得とは

「不労所得」とは、「会社などに雇用されて労働をしなくても得ることができる所得」という意味を持ちます。

一般的には、何の労働もしなくても簡単に手に入る夢のような所得という解釈で会話に用いられる事も多いかとは思いますが、実際にこの言葉の持つ意味としては「家賃収入の為には不動産の取得・管理・税金が必要であり、配当金のためには株の適切な選別が必要で」というように、夢のように語られる「まったく何もしないで得られる完全な不労所得」というものはまず間違いなくあり得ません。

そこで、不労所得には「雇われて働かされなくても得ることが出来る所得」という意味であるといえます。

権利収入とは

一方「権利収入」というものは「著作権・所有権・特許権などの何らかの権利を持つことによって半自動的に得られる収入」という意味をもっています。

つまり、「不動産所有権に基づく家賃」「株所有権に基づく配当金」「著作権に基づく印税」「特許権に基づく使用料」というような、「特定の権利保有によって生まれる収入」という事になるわけです。

これも不労所得と同じように、権利収入を得るためには「権利の獲得・維持・更新」というものが必要になるため、夢のように語られる「完全な不労所得」という事にはなりえません。

完全なる不労所得は存在しない

以上のことからわかるように、一般的に日常会話などで「何もしないで不労所得だけで暮らしたいなー」というような、完全なる不労所得というものはこの世の中にはまずありません。

そして、両者にはそれぞれの持つ意味合いがあり、厳密には同じ言葉ではないという事も理解しておくとよいかもしれません。

しかし、こう考えると、フランチャイジーではほぼ完全なる不労所得に近いものは感じるので、ますます最強の副業であるという考えに説得力が出てきたような気もします。

私の記事本文をご覧いただき、フランチャイジーを始められた方は、誰かにフランチャイジーをお勧めし紹介する際に、ぜひこのような違いを理解した上でご説明していただければと思います。

でも、本当に完全なる不労所得というものがあればやってみたいものですね。

TOPページを見る