副業の必要性

副業の必要性

副業というのは一昔前まではあまりメジャーなものではありませんでした。

しかし2017年に厚生労働省が「柔軟な働き方に関する討論会」を開催したことを皮切りに、12月には「副業・兼業の促進に関するガイドライン(案)」を提示するに至り、多くの人にとって副業というものがより身近な存在へと変わっていったのです。

実際にこの副業・兼業の促進に関するガイドラインには、当時では原則禁止とされていた「副業・兼業」のメリットや留意点が示され、幅広く副業・兼業を行える環境の整備が重要であるということが示されており、それ以後は実際に副業を持つ働き方が広がっていったというのが事実です。

今では多くの企業が副業を認め、より柔軟な働き方を提示するようになってきました。

この副業というものは今後どういう広がり方をしていくのか、私になりにも考えてみたいと思います。

そもそも副業とは

副業と聞いて最初に思い浮かべる事はなんでしょうか?

単純に「本業」をもって働いている労働者が行う本業とは別の仕事が副業として最もメジャーな考え方だと思います。

その他に、副業というものには主婦の方々のパート、アルバイト、フリーランスで働く人の掛け持ち仕事、そして一般的には不動産投資や仮想通貨、FX、株式投資ということもまとめて「副業」と定義されています。

なぜ副業が必要とされているか

ではなぜ近年では副業が必要なものとしてとらえられているのか、それは簡単に言ってしまえば将来や生活のためにお金が必要だから、ということになりますが、それについてをもう少し掘り下げてみたいと思います。

企業が副業を容認している背景には以下のような理由が挙げられます。

□副業を認めることによって、時間の有効活用や経済的余裕を持ちたいと考える従業員の満足度を高める

□本業に相乗効果のある副業を許可し従業員のスキルアップやマーケティング・営業活動につなげたい

□終身雇用が当たり前ではない時代に、各自が次の道を拓けるようにしておきたい

このように企業側にも副業を容認するだけの理由というものも存在しています。

そして働き手が考える副業として、働き方改革による長時間労働の是正や、残業禁止、仕事の持ち帰り禁止、テレワークの推進というように労働者が大幅な賃金上昇を見込めない世の中になっており、副業での収入補填としての副業という考えがポピュラーなものになっています。

また、副業によって、本業では得られない経験や人脈を得られたり、新たな気づきを得られたり、収入の柱を複数持つことによる精神的・経済的な安定ということにもつながっていきます。

このように、副業を行うということは、現代社会においては企業側にも働き手側にも様々なメリットがあるものとして考えられているのです。

フランチャイジーが副業に最適な理由

副業が一般的なものになっているからこそ、わかりやすいと思いますが、フランチャイジーは副業のメリットをたくさん持っていると思います。

スマホ副業ゆえの時間の自由であったり、高額な収入による経済的安定、また被災調査による顧客への満足度と同時に高められる自己肯定感。

このような効果が見込めるからこそ、フランチャイジーは副業として最適なものである。

そのように私は考えています。

TOPページを見る